本文へスキップ

特許通信文翻訳

特許通信文翻訳

翻訳講座

翻訳を学ぶHEADLINE

特許通信文翻訳


特許事務所や企業の知的財産部で必要とされる特許通信文の英訳テクニックについて、解説、添削をいたします。

外国へ特許出願をしたときに、英語による通信文を作成・送付することが必要となる場面がしばしば出てきます。この際、出願人の意図を正確かつ十分に反映させた通信文を送付しないと、本来特許が認められるだけの価値のある発明であるにも拘わらず、外国において特許を取得できないという結果になるおそれがあります。

このような事故が起こらないための特許通信文の書き方についてのセミナーです。このコースの講師は、大阪大学工学部応用化学科卒業後、武田薬品工業(株)特許部に所属後、和光純薬工業(株)にて、特許部長、特許部理事を務める。現在はILC国際語学センター特許翻訳実践編講師、日本知的財産協会で日本知的財産協会研修コース技術契約書の講師も務めるプロ。

通信でも、カウンセラーのサポートがしっかりしているので安心です。


スクール名 ILC国際語学センター 心斎橋、長堀橋
標準受講期間 ●随時開講(添削10回)
●延長可能
添削有無・回数 なし  /  -
受講料 【入学金】 15,000円    【受講料】 100,000円    【その他】 -



翻訳 資格